2006年01月31日

がま口バッグを作ろう(応用編2)

思いのほか長引いてしまったがま口講座も、今回が最終回です。
いよいよ、一から型紙を作ってみましょう。

(3)口金のラインをとる

実際の作品

これは応用編1(1)のバッグと同じ口金を使っていますが、図案であるバラをはっきりと見せたかったため、タックがよらないようにフラットな型紙に変えています。
型紙を起こすには、まず口部分から始めます。

口金を写す

ノートに口金をあて、ペンで外側の縁をなぞります。
口金のいちばん端っこ(番の部分。あき止まりになる)と、口金のフレームが始まる部分(紙紐を縫い付ける端の目安)、そしてぱっちんする真ん中の金具部分に印をつけます。
ペンでなぞると、実物より大きくなっているので、口のラインは1〜2mmほど余裕をつけ、このまま断ち切りにします。
多くつけすぎると、口金に差し込んだ後、内側にはみ出してしまいます。
使う生地の厚さによっても違うので、調整しましょう。
下の部分は自分の思った線を引き、外側に縫い代を取ります。
これでおおよその形ができあがりましたが、このままでは口金の外側のラインをとっているため、本体が口金にあたり、しわがよってしまいます。
補正してみましょう。

補正法

まず、本体が口金の内側に収まるように調整します。
実際に使用する布を折りたたんで置いてみて、幅をはかってもいいと思います。
幅が決まったら、口のラインと自然につないでいきます。
内側に動かしたことで、口のラインと脇の線がぶつかる部分(口角になる部分)は、前よりも上がってしまいます。
もとの位置くらいになるように補正します。縫い止まりの位置にも気をつけましょう。

これはフラットな形でしたが、横にタックができるような形にしたい場合には、口部分のラインの長さを保ったまま、開いていきます(口部分のラインが直線に近くなっていきます)。
ワイヤーなどで長さを測りながらきれいな線を引きましょう。
口のラインを引くときも、底のラインだけを変えるときも、左右対称になるよう注意します。

こんな風に自分で型紙を作るときは、ちょっと厚手の生地で、一度、試作品を作ることにしています。
画像に一緒に入っているグリーンのものがそれです。内布はつけず、紙紐をざくざくと縫い付けて口金に合わせてみます。
ボンドはつけなくとも、すっかりはめ込めば、あうかどうかわかります。
布は自由がききますから、それほど神経質に形をとらなくても大丈夫です。

出来上がった型紙は、縫い代のある・なしの区別をメモして、口金の型名をきちんと書いてしまっておきましょう。
ちょっと不恰好でも大切な宝物ですし、次に型紙を補正するときのヒントにもなります。
posted by りえこ at 22:57| Comment(12) | TrackBack(1) | がま口バッグの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
りえこさん、丁寧な解説ありがとうございます。よーくわかりました。
型紙の補正図はどうやって書かれたのかしら?
pcに疎い私はここでもわ〜〜すばらしい!と感心しています。

口金バック数をこなせば、ちゃんとできるようになりそうです〜〜。
今回のもりえこさんのページを開いたまま、チェツクしながら口金をつけました。
第一弾の作品、写真に撮る分には大丈夫かも?
実物は....?明日は雨の予想なので写真は難しいかもしれません。
Posted by swansea at 2006年01月31日 23:32
swanseaさん>
さっそく見てくださったんですね〜、頑張ったかいがありました(*^^*)
絵を描く道具は、たとえPCソフトであっても好きなんです♪(PC自体はさっぱりわかりませんが)
口金のお仕立ても、swanseaさんなら、あっという間に慣れてしまうと思います。
マチをとったり、ギャザーを寄せたりするとまた全然雰囲気が変わりますし、いろいろ楽しめます。
明日は雨だそうですが、作品を拝見するため、まめにチェックにうかがいます♪
Posted by りえこ at 2006年02月01日 00:03
がま口講座お疲れ様でした((^∀^))
swanseaさん同様にここを開いたまま作業をしそうです。
(swanseaさんのがま口もチェックしなくっちゃ♪)
今ハーダンガーをしていたのですが、すっごく浮気したくてたまりません!
それにしてもがま口1つでもアレンジ次第でイメージが変わりますね。
いろいろな形を作るのも楽しそうですが、お気に入りを見つけられたらもっと楽しそう♪
持ち手を付けたがま口を幾つか並べてインテリア風に飾ったら素敵かも☆
またいつかりえこさんならではの公開授業を心待ちにしていますわ◎
Posted by マリー at 2006年02月01日 11:29
マリーさん>
無事(?)終わりました〜♪
ここに遊びに来てくださる方は、皆さんかなりの腕をお持ちなので、説明も楽かも(笑)
そうそう、お気に入りの形っていいですよね! 素材や刺繍を替えれば全く違うものになるし。
あと、好きな口金でいろいろなバリエーションが作れるようになるといいなーと思います。
早くハーダンガーを終わらせて、マリーさんバージョンのがま口を見せてくださいね(*^^*)
Posted by りえこ at 2006年02月01日 22:00
がま口講座ありがとう。
今までとても素敵に作っていらっしゃるのでとても関心がありました。
自分でも作ってみましたが、今一つうまくできないし、作り方をみても、とても簡単に書いてあるので、よくわからなかったのです。
コピーして保存版として大切にします。
Posted by よしみ at 2006年02月10日 16:24
よしみさん>
初めまして♪
口金についてくるレシピだけだと、とてもじゃないけど作れないですよね。
いろいろな方が、自分の得意な分野のレシピをアップされてるのを見て、わたしもお役にたてれば、と思いました。
4回に分かれてしまっているので見づらいと思いますが、参考にしていただけたら嬉しいです(*^^*)
Posted by りえこ at 2006年02月10日 22:01
がま口バッグを制作したくて検索してたら、こちらに辿り着きました。大変参考になります。
W19p以上の差し込み式の口金を購入したいのですが、手芸店に行ってもネットで検索しても、大手メーカーが倒産したとかで品薄になっています。りえこさんは、どちらで購入されてますか?こちらは京都在住ですが、ネットで購入出来るところも含め、お教えいただけますでしょうか。
宜しくお願い致します。
Posted by イザベル at 2006年02月18日 21:12
イザベルさん>
初めまして♪
口金、たしかに取り扱いが少ないですね。
わたしは東京近郊なのでユ○ワヤがあるのですが。
倒産・・・もしやルミネでしょうか。HPが閉鎖されてますね。
ということは全体に品薄かも。
ここは、まだあるようですが、購入したことはありません。
http://www.az-netcc.com/bag/index.html
他にチェックしていたショップもルミネのページがなくなっていますね。
わたしもあせってきました。
早めに買いだめしなきゃだめかも??
Posted by りえこ at 2006年02月19日 18:03
りえこさん、ありがとうございます* なかなか見つからなくて、苦労しておりました。
ホントですね。買いだめしないとダメかも?!
Posted by イザベル at 2006年02月20日 19:51
イザベルさん>
こちらこそ、倒産情報ありがとうございました。
倒産情報を検索したら、京都のルミネという会社が載ってました。これがそうかな?
わたしもチェックしてたものを購入することにします♪
Posted by りえこ at 2006年02月20日 22:22
初心者の私にも解りやすい解説で、応用の仕方も良く理解できました。1度自己流で作ったことがあったのですが、口金に挟む紐と布が、ボンドだけで取れたり外れたりしないか心配になり、ペンチでグイグイはさんだので、出来上がりから傷と凸凹な作品になりました。市販の物はそんなに強く挟んでいる様子はないんですが、大丈夫なのかなあ。大きいバッグは布に持ち手を付けないと外れるんじゃないかとやはり心配です。・・・・・が、この説明を教科書にして挑戦してみます。ありがとうございました。
Posted by じゅげむ at 2011年09月08日 10:11
じゅげむさん>
はじめまして♪
私もいまだに傷にすることがあります。
横着してあて布をせずに作ったりするので(笑)
口金に布と紐をはさむタイプのものだと、あまり重いものを入れるのは難しいですね。
ポーチくらいの大きさなら大丈夫だと思います。
布の厚みと口金の溝の幅のバランスも大切です。
布が薄いと思った場合には、キルト芯を入れると、また違った雰囲気になりますよ。
だいぶ前に書いたものなのですが、ご参考になったら嬉しいです♪
Posted by りえこ at 2011年09月08日 21:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

持ち手・口金使いのオリジナルバッグ (今日買った本)
Excerpt: はじめまして!ルミネについて検索をかけていた際コチラのブログにたどり着きました。メーカーのHPがクローズになってたのには、そういうわけがあったのですね!ありがとうございます。せっかく本を見て欲しくなっ..
Weblog: FIRESIDE FAVOURITES
Tracked: 2006-04-12 16:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。